岐阜県の恵那山のふもと「恵那 銀の森」。四季折々の季節を告げる木々と小川のせせらぎに包まれた小さな森の中で、おいしい・のんびり・たのしい時間をお過ごしください。

森を豊かに、森で豊かに

日本アルプスの玄関口、岐阜県恵那。
わたしたちは長年、この土地で豊かな自然に
囲まれながら暮らしてきました。
しかしある日、この恵まれた環境が
当たり前のものではないと気がついたのです。
そして考えれば考えるほど、
四季の恵みを食材とし、
社名にも「森」を冠している
わたしたちこそが「森」と真剣に
取り組まなければならないと思いました。

森には人を元気にする力がある。
人にもまた、森を元気にする力がある。
㈱銀の森は
「森と人は共生できる」と信じています。

恵那の100年の森計画  
人と森が共生できる社会を目指して


わたしたちは恵那のゴルフ場跡地に
新工場を建設予定ですが、
この土地固有の木々をたくさん植えて、
森を再生します。
「森と共生する工場」へのチャレンジです。
この夢に賛同して頂ける方々と一緒に、
一歩ずつ進んで参ります。
森づくり活動ブログ

 銀の森キャンパス


渡邉大作のみる夢

自然豊かなこの地、恵那に生まれ育った。
幼い頃から山を歩き鳥の声を聞いて遊んだ。
初めて作った工場は、
芝生が広がる公園の中に建てた。
次に建てた食の複合施設「恵那銀の森」は
季節のはなや果樹、
木を植えて
自然を感じながら食とショッピングを
楽しめる場所にした。
そして、いよいよ次なる工場は
幼い頃からの夢でもあった森の中に
森と共に歩む工場を建てたいと決心した。


森の風を感じ季節の移ろいを
感じられる場所こそ
私達の工場はあるべきだ。
少し効率が悪いかもしれないが
生きた自然から学び育つ
食文化発信になる新工場を作りたい。


幸いにして荒れ果てたゴルフ場だった敷地を買い取れた。


よし、ここからまた始めよう。
この地を森に還しながら、
ゆっくりとしっかりと
「食」と「人」と「森」を育てよう。


森の成長と共に私達も成長していきたい。
森に学び森を育てながら、
食の豊かさと喜びをみんなと分かち合う為にも。
さあ、
ここが私たちの新しいキャンパスだ。


銀の森キャンパス。
渡邉大作の夢が詰まった工場の建築がはじまります。



2021年完成予定 銀の森キャンパス完成予定図
銀の森キャンパス建築ブログ
\ 新工場「銀の森キャンパス」建設イメージはこちら /

ページトップへ