恵那 銀の森 公式ブログ

岐阜県の恵那山のふもと「恵那 銀の森」。四季折々の季節を告げる木々と小川のせせらぎに包まれた小さな森の中で、おいしい・のんびり・たのしい時間をお過ごしください。

森づくり活動

第4回・5回目のどんぐり拾い

投稿日:

今年のどんぐり拾いも、はや4回目!杉の子幼稚園・年少さんの元気な声が、

ゴルフ場跡地内に響きます。気持ちの良い快晴に恵まれて、子どもたちも

大はしゃぎ。森に入るや「あった!」「見て!」「どんぐりあったよ!」

と森じゅうを駆け巡ります。

短い時間で見つかったのは、どんぐり、まつぼっくり、そよごの実、べにたけ、

やままゆのサナギの殻…どんぐり以外にもある彩り豊かな発見が、子どもたちの

感性をくすぐっているようでした。

とったどんぐり、見せて!とお願いすると、あるわあるわ。牛乳パックを

使ったどんぐり入れが、いっぱいになっていました。おみやげ、たくさん!

持って帰って、大事に使ってほしいものですね。

そして、今年最終回となる5回目。中津川保育園と、坂本さくらこども園の

年長さんがやってきてくれました。残念ながら、午前は雨。このゴルフ場

跡地のことを説明したあとは、どんぐり拾いを、お天気が少しでも良さそうな

午後に延期しました。

まずは室内のポット植えからスタート!年内最後となるため、ひとりみっつずつ

どんぐりポットを作ったら、余りのどんぐりも植えてもらい…

すごい数の苗ポットができました!壮観です…

苗植えのあとは、ボランティアさんが持参したドローンの飛行を見学し、

さらにテーダマツのまつぼっくりを使った工作教室も。

雨の日だからこそ、盛りだくさんとなりました!

おひるごはんを食べたあとは、絵本の読み聞かせタイム。

森を意識する、良い時間になったところで、雨が小降りに。

子どもたちは、やっとどんぐり拾いを楽しむことができたのでした。

良く見れば、どんぐりも個性豊か。

まだまだ若い、こならのどんぐり。

天然パーマが印象的な、くぬぎのどんぐり。

ちょっと細長い、まてばしい!

根っこを出して気が早いものも!しっとりと濡れた森の落ち葉を踏みしめて、

子どもたちはバリエーション豊かなどんぐりに触れることができ、スタッフも

胸をなでおろしたのでした。

今年も盛況のうちにどんぐり拾いは幕を閉じました。でも、どんぐりたちの

本当のスタートはこれから。四季を乗り越えて若木に育ったどんぐりは、

今後、私たちがしっかりと森づくりに生かしていきます。

ぜひ今後も銀の森の森づくりにご注目くださいね。

なによりご協力いただいたボランティアの皆さん、そして園の先生方、

本当にありがとうございました!

-森づくり活動

執筆者:

関連記事

どんぐり観察日記[2019.5.13]

少し汗ばむ初夏の陽気になってきたこの頃。これまでゆっくりだったどんぐりの生長ですが少し見ない間にぐんっと大きくなりました! 大きい子だと背の高さが15㎝ほどに! 葉っぱの形もしっかりとしてきて、違いが …

どんぐり、発芽♪

4月に入り、だんだんと春めく恵那峡♪ 今年の冬はとってもとっても寒くて、何度もポットがカチカチに凍りついていましたが… 無事、どんぐりたちに春がやってきたようです! どんぐりって、なんで凍って壊れてし …

初代「森の番人」との森づくり

ゴルフ場跡地の森…長らく人の手が入らなくなった 森は、細い木が生い茂る、荒廃した雑木林になっていました。 私たち、ゴルフ場跡地を森に戻すというミッションを担う 「森の番人」は第3世代。78歳になる初代 …

テラス席に森をつくろう③

手作業ですべて皮を剥いた2本のヒノキ ついに、このヒノキを垂直に立てる作業に取りかかりました 森をイメージできるよう、枝を残したまま立ち上げたい…!そう思い、あえて枝は切らずに上を向いている枝を引き下 …

どんぐり観察日記[2019年4月]

どんぐりの芽が出ました! 想像していた双葉のような芽ではありません。細かなうぶ毛のようなものが周りを覆う、ちょっと変わった芽。 どんぐりってこんな芽なんだ!と、ちょっと感動しました。 クヌギのような形 …

アーカイブ