恵那 銀の森 公式ブログ

岐阜県の恵那山のふもと「恵那 銀の森」。四季折々の季節を告げる木々と小川のせせらぎに包まれた小さな森の中で、おいしい・のんびり・たのしい時間をお過ごしください。

森づくり活動

3園合同!どんぐり拾い大作戦[2020年10月②]

投稿日:2020年10月16日 更新日:

今年も無事に始まったどんぐり拾い。

今日はさらに、にしこまの森こども園、坂本さくら保育園、

めぐみ保育園の年長児、全68名を迎えて、

大盛況のどんぐり拾いとなりました。

まずはみんなクラブハウス2Fに集まりました。空撮写真を見つつ、

ここがゴルフ場跡地であることを確認。

森づくりに向けたどんぐり集めと植え付けをお願いすると、

みんな快く引き受けてくれました。

そののちは、みんなで森へ。各園ごとにまとまって、

どんぐり拾いがスタートです!

あった!スタート直後、

次々とどんぐりが見つかります。

あったあった!

みーーーっけ!

こんなところにも!

とまあ、こんな調子だったものですから、持ってきた袋はいっぱいに!

右端の子、松ぼっくりも入っているとはいえ、ちょっとすごい量だね…(汗)

どんぐり拾いを楽しみながら、しっかりと森探検を済ませた子どもたち。

お次はどんぐりの植え付けです。黒いポットに入れたのは、

腐葉土とどんぐりをふたつずつ。

土をたっぷりかけなくても、どんぐりたちは大丈夫。

土の中へと根っこを伸ばしますからね。

これでミッションコンプリート!

前回と同じく、中津川図書館のボランティアさんの読み聞かせに

耳を傾けた子どもたちは、しっかりと森への興味を深めたのでした。

そして、お昼ごはんを食べたあとは、お散歩&自由時間!

もともとゴルフ場だった、このひろ~い敷地を舞台に、子どもたちは…

ボルダリング(!)にチャレンジしたり、

バッタとりしたり、

草遊びしたり。

はたまた、四ツ葉の(六ツ葉になってる…)クローバーを作ってみたり!

自然のなかに解き放たれた子どもたちの笑顔の健やかなこと!!

子どもたちは、いきいきと森での遊びを楽しんだのでした。

いつでも優しく子どもたちを迎えてくれる“森”。

こうした素晴らしい森の成長を、今度は私たちがお手伝いする番。

子どもたちが飢えてくれたどんぐりたちは私たちが大事に育て、

未来の森を育んでいきたいと思います。

-森づくり活動

執筆者:

関連記事

テラス席に森をつくろう③

手作業ですべて皮を剥いた2本のヒノキ ついに、このヒノキを垂直に立てる作業に取りかかりました 森をイメージできるよう、枝を残したまま立ち上げたい…!そう思い、あえて枝は切らずに上を向いている枝を引き下 …

生物調査から見えてきたもの

おせちメーカーとして約半世紀の歴史を刻む、恵那銀の森。創業者・渡邉大作の夢「森と共生したい」という強い想いからゴルフ場跡地を買い取り、この跡地を森に還す森づくり事業を2020年にスタートさせました。 …

地中の王者「モグラ」との共存を考える

おせちメーカーとして約半世紀の歴史を刻む、恵那銀の森。2020年には、創業者・渡邉大作の夢「森と共生したい」という強い想いを叶えるべく、ゴルフ場跡地を買い取り、新おせち工場を建設しつつ、森づくり事業を …

初代「森の番人」との森づくり

ゴルフ場跡地の森…長らく人の手が入らなくなった 森は、細い木が生い茂る、荒廃した雑木林になっていました。 私たち、ゴルフ場跡地を森に戻すというミッションを担う 「森の番人」は第3世代。78歳になる初代 …

ウッドチェアをつくろう①

樹齢200年近いけやきが銀の森に届きました! 2020.4.24この木を使ったウッドチェア作りが始まりました。 園内に点在するウッドデッキの上に置いてみなさんにのんびり過ごしてもらえるように♪ まずは …

アーカイブ