恵那 銀の森 公式ブログ

岐阜県の恵那山のふもと「恵那 銀の森」。四季折々の季節を告げる木々と小川のせせらぎに包まれた小さな森の中で、おいしい・のんびり・たのしい時間をお過ごしください。

森づくり活動

今年初のどんぐり拾い![2020年10月①]

投稿日:2020年10月15日 更新日:

ゴルフ場跡地となって、はや数年。

ほとんど人の手が入らなくなった
この森ではありますが、
木々はきちんと季節を刻んでいます。


もちろん、どんぐりの木も例外ではありません。

そんな秋の実りを
楽しみながら、森を育てようという活動「どんぐり拾い」が
今年も始まりました。

トップバッターとなってくれたのは、
杉の子幼稚園の年少さん。

まだまだ3歳という年齢ながら、おシゴトはばっちり!
どんぐりを見つけては、スタッフのもとに持ってきてくれます。

恥ずかしいのか、なかなか大きな声は出せなかったけど、
「どんぐりあったよ」「マツボックリもあるよ」と教えてくれました。

次なる拾い手は、同じ杉の子幼稚園の年中さん。
年少さんより体も大きくなった年中さんたちは、めいめいが
紙でつくったどんぐり袋(と呼べばいいのかな?)を持って
きてくれました。

まずはここがかつてゴルフ場だったこと、ここを森に戻すために
どんぐり拾いをお手伝いしてほしいことを伝えると、しっかりと
理解してくれた年中さんたち。

森に入ってどんぐり拾いを始めると、やっぱり勢いが違います。
「あった!」「こっちにもある!」「セミの抜け殻もあったよ」
いろいろな発見を声に出しては、次々にどんぐりを袋に入れていきます。

どんぐり拾いのあとは、ポットにどんぐりを植え付け。
早く大きくなあれ~と願いを込めて、ふたつのどんぐりを
ポットへ入れました。

お仕事を終えたあとは、絵本の読み聞かせタイム。中津川図書館の
ボランティアさんのお話に、真剣に聞き入っていました。

子どもたちが植えてくれたどんぐりポットは、ひとりにつき3つずつ。
うち2つは銀の森が育て、ひとつは子どもたちが持ち帰り、園で
育ててもらいます。「お水をあげて、大切にしてね」というスタッフの
言葉に、しっかりとお約束してくれた子どもたち。

子どもたちのいっぱいの愛情に、きっとどんぐり達は
芽吹きで応えてくれるはずです。

-森づくり活動

執筆者:

関連記事

どんぐり観察日記[2019.5.13]

少し汗ばむ初夏の陽気になってきたこの頃。これまでゆっくりだったどんぐりの生長ですが少し見ない間にぐんっと大きくなりました! 大きい子だと背の高さが15㎝ほどに! 葉っぱの形もしっかりとしてきて、違いが …

ウッドチェアをつくろう①

樹齢200年近いけやきが銀の森に届きました! 2020.4.24この木を使ったウッドチェア作りが始まりました。 園内に点在するウッドデッキの上に置いてみなさんにのんびり過ごしてもらえるように♪ まずは …

テラス席に森をつくろう③

手作業ですべて皮を剥いた2本のヒノキ ついに、このヒノキを垂直に立てる作業に取りかかりました 森をイメージできるよう、枝を残したまま立ち上げたい…!そう思い、あえて枝は切らずに上を向いている枝を引き下 …

初代「森の番人」との森づくり

ゴルフ場跡地の森…長らく人の手が入らなくなった 森は、細い木が生い茂る、荒廃した雑木林になっていました。 私たち、ゴルフ場跡地を森に戻すというミッションを担う 「森の番人」は第3世代。78歳になる初代 …

どんぐり拾い[2018年10月②]

人と自然が共有できる森に再生する「森づくり活動」 第二回の活動が本日行われました。 すっかり秋色になった、この場所で活動に参加してくれたのは 中津川市内のこども園の年長さん22人。 森づくり活動の1ス …

アーカイブ