恵那 銀の森 公式ブログ

岐阜県の恵那山のふもと「恵那 銀の森」。四季折々の季節を告げる木々と小川のせせらぎに包まれた小さな森の中で、おいしい・のんびり・たのしい時間をお過ごしください。

インフォメーション 森づくり活動 銀の森キャンパス

森とドングリ、それぞれの春

投稿日:

おせちメーカーとして約半世紀の歴史を刻む、恵那銀の森。創業者・
渡邉大作の夢「森と共生したい」という強い想いからゴルフ場跡地を買い
取り、この跡地を森に還す森づくり事業を2020年にスタートさせました。

このブログでは、この事業を担う、私たち「3代目森の番人」2名の夢と希望、
ワクワクだけでなく、苦悩やつぶやきもお伝えしたいと思います。
今回は森の様子、そして子どもたちが植えてくれたドングリの苗木について
お話をさせてください。

「名古屋に比べて1か月ほど季節が遅い」。これは恵那峡の季節を表すときに
良く言われる言葉です。朝晩の冷え込みの強いこのエリアでは、ソメイヨシノが
開花するのも4月に入ってから。ひと足早くゴルフ場跡地で開花を始めたのは、
シデコブシでした。

この季節の東濃地方は、「艶(あで)やか」というコトバが良く当てはまります。
桜の名所として知られる千鳥ヶ淵などの絶景にはかなわないけど、山々にハナノキの
紅色、シデコブシの濃ピンク、コバノミツバツツジの赤紫、そして湿地を彩る
ハルリンドウなどが次々に開花し、ときにギフチョウが蜜を求めて山を舞うのです。
まるでそれは、待ちわびた春到来を山全体が楽しんでいるかのようです。

さてさて、そんな美しい春にココロを奪われつつ、子どもたちと昨年一緒に植えた
ドングリの苗畑を訪れました。すると…。マテバシイの苗木、20本ほどが枯れ色に!
昨春はこんなことなかったのに、、、今年は寒かったのでしょうか。あるいは、
春先の霜と乾燥の繰り返しがこたえてしまったのでしょうか。

あえなく枯れてしまったドングリを引き抜いてみて、その謎が解けました。
どうやら、細かい根を出すことができなかった苗木がうまく吸水できず、枯れて
しまったようなのです。どうやらこの子たちは、ポット時代からうまく値を伸ばせて
いなかったのでしょう…。

「20本ほどが枯れ色」と書きましたが、完全に枯れていたのは7本。では残りは、
というと…。これぞドングリの生命力!根っこは生きており、枯れた幹の下から、
ぞくぞくと新梢が上がっていたのです。幼保育園の子たちのネンリキなのか、
はたまた、「強健」とされるマテバシイゆえの性質なのか…。まるでその様子は、
雑草魂のようでした(マテバシイに失礼!?)。

スミレの紫がじゅうたんのように草地を彩った、春。ドングリたちにとっては少し辛い
体験でもあったようですが、生命力は決して絶えていません。その様子に、ほっと
胸をなでおろすことができました。

私たちが今できることは、ひたすら苗木のチカラを信じつつ、植えてくれた人々の
想いを絶やさないこと。そして、その苗木をいつか美しく艶やかな森の一部にする
ことができたらーー。ほろ苦い経験をしつつも、新たな夢が芽生えた春となりました。


恵那銀の森は、人と森が共生できる社会を目指し、人と森をつなぐ場所づくりの
ひとつとして、閉鎖されたゴルフ場を人が集える場所にしていく「森づくり事業」
を進めています。 いつの日が子どもの笑顔があふれ、人々が森の癒しを感じて
もらえる森ができる日まで。私たちの取り組みは続いていきます。
http://ginnomori.info/shisetsu/ginnomori_vision.htm

-インフォメーション, 森づくり活動, 銀の森キャンパス

執筆者:

関連記事

ドングリの苗、試し植え!

本日は雨。この“自然の恵み”を利用しようと、昨日は選抜したドングリの苗を、畑に移植してきました。 2年にわたって園内で育成してきたドングリの苗。先日つくった畑で大きく育てて、将来は森へ植樹します。 ま …

no image

料亭「ごせちえ」からご案内

銀の森の奥に位置する五節會。季節を愛でる五節會では毎日料理長が市場から仕入れる旬の食材を使った料理が並びます。先日はお客様からご要望をいただき、クエ料理を振る舞わせていただきました。仕入れたクエをまる …

テラス席に森をつくろう③

手作業ですべて皮を剥いた2本のヒノキ ついに、このヒノキを垂直に立てる作業に取りかかりました 森をイメージできるよう、枝を残したまま立ち上げたい…!そう思い、あえて枝は切らずに上を向いている枝を引き下 …

no image

収穫祭2019を開催しました

9月7日と8日の二日間 銀の森では秋のお祭り「収穫祭」を開催しました! 秋の実りをお祝いするこのお祭りでは、葡萄やかぼちゃといった、秋の代表作物を使ってゲームを開催! 最高記録は、46㎝!ひとつひとつ …

no image

明日は豊年祭

こんばんは明日はいよいよ銀の森の豊年祭です★のぼりも立ち、いよいよな感じがします★銀の森を運営している「銀しゃり本舗」はお節製造メーカーとして毎年十数万ものおせちを製造しています。その銀しゃり本舗の年 …

アーカイブ