恵那 銀の森 公式ブログ

岐阜県の恵那山のふもと「恵那 銀の森」。四季折々の季節を告げる木々と小川のせせらぎに包まれた小さな森の中で、おいしい・のんびり・たのしい時間をお過ごしください。

インフォメーション 徒然日記 森づくり活動 銀の森キャンパス

ドングリの苗、試し植え!

投稿日:

本日は雨。この“自然の恵み”を利用しようと、
昨日は選抜したドングリの苗を、畑に移植してきました。

2年にわたって園内で育成してきたドングリの苗。先日
つくった畑で大きく育てて、将来は森へ植樹します。

まずはチョークで、シートにマーキング。
苗同士の間隔は、50cm。これから植える苗の数が
300以上もあるので、のびのびと枝葉を広げられるように、
横並びにならないように。

マーキングが終わったら、ポンポンと苗を置いていき、
シートに穴を開けて土を掘って、土の湿度をチェック。

しっとりとした土を確認したら、ポットから苗を出して、
植えていきます。ちゃんと大きくなるんだぞ…。
そんな願いを込めて、一つひとつ。

苗を植えた直後は、どうしてもポットの土の外側に
空気の層ができてしまいます。これを解消するため、
よ~く水をまいて空気が抜けたら、この日はおしまい。

苗の数がとても多いので、
これ以外の苗植えは地域の子どもたちにお手伝いしてもらいます。
子どもたちとの共同作業にむけての準備は万端です!

さて、作業を終えたころ、草刈りから戻った初代・森の番人
から苗の管理を教えていただきました。

●水やりは朝いちばんに
 木そのものの温度を下げると、根腐れが起こりやすくなる

●根の回りを少し押さえて、シートにくぼみをつくる
 雨水がたまりやすくなって、乾燥防止になる

●苗が二股になったら、健康なほうを残す
 元気な芽に栄養分を回してやる

●夏過ぎに「土用芽」が出てきたら注意
 土用芽は夏が終わると寒さで枯れることが多いので、
 窒素の少ない肥料をまいて、木質化させる

山師として手掛けてきた木々の山採り(山から移植)、
そして今も担う年間140枚の水田。

その膨大な経験値から培った番人の言葉は、まさに至宝です。
「木は強い。この苗なら大丈夫!」。その太鼓判を
信じましょう。

ゴルフ場内では、ドングリの「もと」(雌花)が咲き始めました。
苗たちもぐんぐん成長して、将来は花実をつけられるくらい、
デッカクなってほしいです。

-インフォメーション, 徒然日記, 森づくり活動, 銀の森キャンパス

執筆者:

関連記事

豊年祭2021

本日は豊年祭一日目!天候が心配でしたが時折晴れ間がのぞくお天気の中で開催となりました^^ 年に一度のおせちパーツの販売には朝早くから多くの方にお越しいただきました。寒い中、本当にありがとうございます! …

夢のおせち料理コンテスト

9月1日2日に開催された「夢のおせち料理コンテスト」 こどもの部、大人の部の2部門で開催しました♪ コンテスト優勝者には、銀の森の職人がイラストのお節を実現化してお届け! 今回のコンテストでは、こども …

地中の王者「モグラ」との共存を考える

おせちメーカーとして約半世紀の歴史を刻む、恵那銀の森。2020年には、創業者・渡邉大作の夢「森と共生したい」という強い想いを叶えるべく、ゴルフ場跡地を買い取り、新おせち工場を建設しつつ、森づくり事業を …

no image

CM撮影風景

こんにちは。銀の森の田中です。先日、写真データの整理をしていたら懐かしい写真がでてきました★オープン前に撮ったCMの撮影風景この日は本当に暑くて、撮影に携わったスタッフは汗だく…。みんな本当に頑張って …

no image

イオンモール各務原店にオープン!!

イオンモール各務原店に出店した銀の森2号店。9月26日からついにスタートしました!オープンは大盛況♪♪多くのお客様にご来店いただきました(*^_^*)「銀の森に行ったこともある!」 といったお声や「遠 …

アーカイブ