恵那 銀の森 公式ブログ

岐阜県の恵那山のふもと「恵那 銀の森」。四季折々の季節を告げる木々と小川のせせらぎに包まれた小さな森の中で、おいしい・のんびり・たのしい時間をお過ごしください。

インフォメーション 森づくり活動 銀の森キャンパス

豊年祭でミニ門松づくり★

投稿日:

おせちメーカーとして約半世紀の歴史を刻む、恵那銀の森。創業者・
渡邉大作の夢「森と共生したい」という強い想いからゴルフ場跡地を買い
取り、この跡地を森に還す森づくり事業を2020年にスタートさせました。

このブログでは、この事業を担う、私たち「3代目森の番人」2名の夢と
希望、ワクワクだけでなく、苦悩やつぶやきもお伝えしたいと思います。
今回は、今月29~30日の豊年祭で開催予定の「ミニ門松づくり」準備の
様子をリポートさせていただきます。

おせちのパーツの販売や限定メニューの販売などなど、楽しいイベントが盛り
だくさんの豊年祭。昨年はコロナ禍で中止となっていましたが、今年は開催する
ことに!私たち森の番人が担当するのは、「ミニ門松づくり体験教室」です。

同教室をこれまで運営してきたのは、2代目森の番人(現在ケガで療養中)。
また、毎年材料の調達・準備を一手に担ってきたのは初代森の番人でしたが、
「何事も経験!やってみんさい」というツルの(?)ひと声。急遽、2代目に
電話でヒアリングしながらの”代打”を務めることになったわけです。

門松づくりの第一歩は、材料の調達。3本の細い竹を立てる「鉢」となる太い竹は、
樹木と違って枝の重量がほとんどないため、切っても倒れません!そこで、約40~
50kgになる竹を切ったのち、“引きずって倒す”という荒技を多用することになります。

コトバにするといとも簡単ですが、なにしろ高さ10m以上の竹がわさわさ生えている
竹林だけに、枝部分が引っかかることもザラ。「ヌオォ!」という雄たけび?ならぬ
うめき声を上げて切り倒した翌日は、バッチリ筋肉痛です(笑)。

場所を変えての細い竹採集は、問題なく進みそう…に思えましたが、やっぱり甘くは
ありません。こちらは竹の上部でツルが引っかかり、切ったのに取れずに泣かされたり、
足元に落ちている古い竹に滑ったり。ツル切りや枯れ竹の廃棄など、竹林を整備しつつの
仕事になりました。やや気温が高かったとはいえ、汗がしたたり落ちます。

素材集めを終えたら、ここからが本番!門松最大の特徴、斜め切り加工を行ないます。
切り方次第では「バリ」(皮の剥がれ)がひどく出てしまうので、ここは丁寧かつ
慎重に。ただ横に切るなら5秒で切れる竹を、刃の入れ方をコントロールして、1本に
つき数分がかりで切っていきます。

斜め切りを終えたら、「縁起物で手を切らないように」という初代のこだわり・面取りを
施したうえで、竹に付着した苔やゴミを取るために洗浄します。ここで、コケの下に隠れて
いた竹のキズが現れることも珍しくありません。せっかく切ったのにぃ~!!という叫びたく
なる衝動(!)は抑えつつ、ひどいキズものは外していきます。

最後の準備工程は、「組み」。割り竹を詰めて、中心の3本が抜けないようガッチリと脇を
固めます。竹は切ってから乾燥すると”やせる”ので、後日、チェックが必要です。

ここまでできたら、あと少し。森やゴルフ場跡地へ出かけていき、ナンテンなどの赤い実、
マツやウメの枝集めに奔走すれば、準備完了!です。

29日の豊年祭まであと少しとなり、冷え込みも徐々に強まってきました。すでに恵那
銀の森エントランスには、初代が手作りした豪華門松がお目見えして、皆様をお待ち
しています。

当日はぜひ、森の番人ブースまでいらしてください。お正月の縁起物を作りながら、あるいは
温かな限定メニューでカラダを温めながら、植えるとおもしろい樹木、見てみたい森の姿、
やってみたい森のあそびなど、将来の森を語りましょう♪


恵那銀の森は、人と森が共生できる社会を目指し、人と森をつなぐ場所づくりの
ひとつとして、閉鎖されたゴルフ場を人が集える場所にしていく「森づくり事業」
を進めています。 いつの日が子どもの笑顔があふれ、人々が森の癒しを感じて
もらえる森ができる日まで。私たちの取り組みは続いていきます。
http://ginnomori.info/shisetsu/ginnomori_vision.htm

-インフォメーション, 森づくり活動, 銀の森キャンパス

執筆者:

関連記事

どんぐり拾い[2018年10月②]

人と自然が共有できる森に再生する「森づくり活動」 第二回の活動が本日行われました。 すっかり秋色になった、この場所で活動に参加してくれたのは 中津川市内のこども園の年長さん22人。 森づくり活動の1ス …

no image

明日は豊年祭

こんばんは明日はいよいよ銀の森の豊年祭です★のぼりも立ち、いよいよな感じがします★銀の森を運営している「銀しゃり本舗」はお節製造メーカーとして毎年十数万ものおせちを製造しています。その銀しゃり本舗の年 …

no image

森の食卓新メニュー

銀の森の田中です。今日の銀の森は日中、とても暖かくて忘れてしまいそうでしたが、気が付けば明日からは11月ですね。7月24日にオープンして早3か月。あっという間に季節は巡り、風が吹くと木の葉が舞う季節と …

テラス席に森をつくろう③

手作業ですべて皮を剥いた2本のヒノキ ついに、このヒノキを垂直に立てる作業に取りかかりました 森をイメージできるよう、枝を残したまま立ち上げたい…!そう思い、あえて枝は切らずに上を向いている枝を引き下 …

銀の森キャンパス 地鎮祭

4月22日 新工場「銀の森キャンパス」の建設がはじまる中津川のゴルフ場の跡地で地鎮祭が執り行われました。 敷地面積27,732㎡の工場が立つ予定の土地にこの日は砂利が敷かれ、土地の神様をおむかえする祭 …

アーカイブ